AppStoreのアフィリエイトプログラムが終了。

 

 


Appleは2018年10月1日以降、iOSMacのAppとApp内コンテンツをアフィリエイトプログラムの報酬対象外にすると発表しました。

 

簡単に噛み砕くと 『AppStoreのアフィリエイトプログラムが10月で終わる』ということですね。


アフィリエイトとは。*1


現状、このアフィリエイトプログラムの報酬を主な運営費、収入源として運営されているアプリサイトは沢山ありますが、その全てのサイトの収入がゼロになってしまい運営できなくなってしまいます。

YouTubeでいうところの広告収入がいきなりゼロになるようなものです。流石にヤバイ。

 

今回の件を受けて、海外最大手である「touch arcade」も、マヂ無理...リスカしよ....と発言してます。(ちょっとだけ盛りました)

 

日本で言うとゲームキャストさんからも悲鳴が上がっています→

Appleがゲームアプリのアフィリエイトを終了することの影響について

 

 

 

 

アプリ紹介メディアに影響がいってしまうと、私たちユーザーは面白いアプリを見つける手段がAppStoreだけになってしまいます。


元々、アプリが溢れかえり、探しにくいAppStoreに広告機能が付き(フォートナイトを検索するとPUBGが表示されるApp Storeは狂っている。Appleが導入予定の広告機能について、EPIC創立者がコメント

 

更にはアフィリエイトプログラムまでも無くしてしまったら今後、面白いアプリがどんどんアプリの山に埋もれてしまうことになります。本当に害悪オブ害悪。

 

今後、AppStoreはどうなってしまうのでしょうか。Apple信者の私としてはAppStoreのUIの改善に期待したいところです。

 

 

*1:今回の場合は、ブログ等にアプリのURLを貼り、そのURLからアプリをダウンロードして貰った分が、報酬としてお金が入るというやつです。詳しくはググッてください